まにまに

シャープにおける再利用への取り組み

大手家電の製造業、シャープでは、処分電化商品を引き受ける際にどんな金額設定になっているのでしょうか?

シャープは電化商品再利用法に基づく再利用代金を一部値下げしました。

また新たに電化商品再利用法の適用品目となったシャープ製の液晶式TV、乾燥機などの引き受けを開始しました。

2008年12月に電化商品再利用法の一部が改正され、それによって液晶TV、プラズマTV、乾燥機(衣類用)が特定家庭用機器として、実際、追加されています。

シャープでは、液晶TVの引き取り代金につきまして、ブラウン管TVと同様にサイズによって再利用代金の金額を設定しました。

小型、中型以上に代金も区別しています。

それぞれの再利用代金を設定し、今までのブラウン管TVとだいたい同じ再利用代金にて引き取ってくれます。

そしてシャープに関しては衣類乾燥機を洗濯機とだいたい同じ再利用代金にしています。

シャープの再利用代金の内容は具体的にどうなのでしょうか?
液晶式TVは15インチ以下の小型に関しては1785円程度です。

16インチ以上の中型以上のTVは2835円程度です。

洗濯機、衣類乾燥機は同じで2520円程度となっています。

これらの紹介した再利用代金は平成21年4月1日以降に、指定引取箇所にて引き受けられた処分物の代金となっています。

この代金以外に、さらに小売業者や自治体の収集のための運搬代金が加算されます。
[PR]
by uglyjap | 2010-03-08 10:30
<< 松山千春「宗男さん食道がん手術... 液晶TVの再利用代金 >>